難関医学部の合格を勝ち取るなら推薦入試を狙ってみよう

難関医学部の合格を勝ち取るなら推薦入試を狙ってみよう

白衣の人達

細やかなサポートが不可欠

医学部を志願する人数はとても多く、高い倍率の中で合格を勝ち取るためには、しっかりとした対策が重視されます。推薦入試という選択もありますが、傾向をよく把握し、細やかにサポートをしてくれる予備校を選ぶことが大切でしょう。

大学生

予備校選びが大きな分かれ道

医学部の予備校は沢山ありますが、実績や取り組みに差があります。限られた期間の中で力をしっかりつけるためにも、信頼できる予備校選びが不可欠になってくるといえるでしょう。

推薦入試が選ばれる理由ランキング

学生
no.1

偏差値に自信がなくてもチャンスがある

医学部の推薦入試では面接や小論文を課すので、苦手な科目が多いという場合でも合格のチャンスが得られます。

no.2

特化した対策を導入している予備校は多い

医学部の予備校には推薦入試の対策にも力を入れているところもあります。そこで推薦について知り、対策を始める生徒も少なくありません。

no.3

倍率が低い可能性もある

医学部の推薦入試は現役生が選べる手段であり、浪人生との競争はないので、倍率が低い傾向にあります。ライバルが減る分だけチャンスは広がります。

no.4

色んな種類の入試が用意されている

指定校推薦や地域枠推薦入試、AO入試など方法は様々であるため、自分の有利な推薦入試に挑戦ができます。学校によって用意されている形式は異なるので、複数の志望校候補を出しておくことが必要です。

no.5

一般入試のプレッシャーから解放

医学部に限らず推薦入試は一般入試の日程よりとても早めに実施されます。一足先に合格を勝ち取ることでプレッシャーから解放されることができます。

広告募集中